Day by day


libiconv-1.14 の cp932修正, eucJP-ms追加パッチ

投稿者: admin, カテゴリー: FreeBSD

http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/software/libiconv-patch.html
ではまだ1.14用が公開されていないため、portsからインストールした場合にはCP932とEUCJP-MSが使えない。
結果、文字コードの設定次第でSambaが使えなくなってしまうので、他の方が作ってくれたパッチを当ててアップグレードした。

  1. http://apolloron.org/software/libiconv-1.14-ja/ からパッチをいただき、/usr/ports/distfiles/ に置く。
  2. /usr/ports/converters/libiconv/Makefile を編集。
    OPTIONS= EXTRA_ENCODINGS "Include extra character sets" on \
    EXTRA_PATCHES   "Apply patches to fix CP932, add EUCJP-MS" on
    ↑ コメントアウトを外して on にする
    ~
    ~
    .if defined(WITH_EXTRA_PATCHES)   ← コメントアウトを外す
    #PATCH_SITES+=  http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/software/libiconv-patch.html
    #PATCH_SITES+=  ${MASTER_SITE_LOCAL}
    #PATCH_SITE_SUBDIR=     nork
    #PATCHFILES+=   ${DISTNAME:C/1\.13\.1/1.13/}-ja-1.patch.gz
    PATCHFILES+= libiconv-1.14-ja-1.patch   ← パッチファイル名にする
    PATCH_DIST_STRIP+=      -p1        ← コメントアウトを外す
    .endif                             ← コメントアウトを外す
  3. make時のチェックサムなしで強制アップグレード。
    # portupgrade -f -mNO_CHECKSUM=yes libiconv
  4. EUCJP-MS が確認できてSambaのエラーも消えました。
    # iconv -l

 

コメントを受け付けておりません。

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。